オンライン英会話

長女の英会話レッスンでした。
今日の先生も、聞き取りやすくて楽しい先生でした。キビキビ話してくれる先生が好きです。(私の好みです)

長女は、長男(2歳)も隣に座らせてレッスンを受けています。
私も、長女がレッスンが受けられない時に代わりにレッスンを受けるのですが(リップルオンライン英会話は家族でレッスンが分けあえる)未就学児の長男を隣に座らせて受けます。
昼間にレッスンを受けている間に長男を見てくれる人がいない、というのもありますが、緊張が和らぐからというのもあります。長女と同レベルです(^_^;

さて、レッスンの様子はというと、長女と一緒に長男もレッスン中に復唱してみたり、適当にyes ,I do. やら NO!やらI like アンパンマン. やらとはさみます(^_^;)

それを、oh! Good job!baby brother !と先生が笑いながら褒めてくれるので長女も楽しく、長男も楽しく、レッスンしていました。
長女だけでレッスンをうけるよりは、少し進捗が遅くなるかもしれませんが、楽しく受けられるのが一番ですからね。弟もレッスンを受けられるならむしろ一石二鳥かもしれません。

幼稚園での英語授業に、DWEでの学びが裏付けして、語彙はある、フォニックスもなんとなくある、とはいえ、日本の環境でぐんぐんと英語力が伸びることはありません。

まぁ、ぐんぐん伸ばしたいわけではなく、高校までに自己実現のために英語が基礎となればいいと思っているのですが、まわりをみると焦りますね。

早期習得を目指す子たちは、進捗状況が違いますから…。

私も、がつがつしている部類にはいるのかもしれません。流されやすいのもありますし、凝り性でもありますから。

今は、DWEのレッスンをやろうとすると、私も負担なので歌や絵本で遊ぶ程度にしています。小学生になってから、負担のない程度のレッスンはやりたいのですが…。

今しているオンライン英会話は、楽しく学べているので、期待できそうです。

親子の、家系の負担も少なめですし、せっかく親子で曲がりなりにも取り組んできた英語を、今ここでどんぐり倶楽部の思考力養成の邪魔になるから!とプツンと途切れさせるのも変な話に思うので、負担にならない程度に、楽しくやりたいと考えています。

長女は、おそらく文系。文字の読み書きは好きです。英語もなんとなく読んだりします。日本語の会話もしっかりしています。
算数は飲み込み悪いです。ドリルをやると私がブチ切れます。

どんぐり倶楽部の良質の算数問題も、イラッとしたりします(笑)。あれ、本末転倒(笑)。楽しくやるための教材なはずなのに…。

どんぐり倶楽部をしている親は、未就学児に対して、文字を絶対に覚えさせたくない、と躍起になっている方を見かけたりします。
考える力があって、絵を描くことができて、それから文字に発展していくのが順序で、未就学児の文字は悪なようです。
ですが、教えなくても絵本を読んでいればなんとなくひらがなが読めるようになります。
どうしても周りで早期習得を目指す家庭があれば文字を覚え、かきたがります。
子どもを良く見てあげていたら、文字の読み書きの習得を禁止するのも変な話ではないのかな、と私は思ったりします。
未就学児に、習い事やドリルで教え込む文字に意味はないと思いますが。

糸山先生の理論がきちんと理解できているわけではありませんが、
私のどんぐり倶楽部の1番響いている言葉は、

子どもを良く見て、よく考えて、環境を整えること

安全と信頼を与えること

自分の身体を動かして自分の意思通りに動かす力を持つこと(外遊びやデンタくん(自分の指を使って計算すること))

です。

最近、公式ホームページや糸山先生のブログから離れているので、本来のメゾットから離れてきているかもしれません(^_^;)どんぐり倶楽部の正しい理論は公式ホームページや書籍をお願いします。

環境設定や、文字の読み書きはこうだ!とがんじがらめになる必要はないのうに思います。
子どもの反応をみて、整えていけばいいのです。

コメント