私がどんぐり倶楽部を勧める理由

どんぐり倶楽部の知名度は、それほど高くないのではないかと思います。
私がどんぐり倶楽部を知ったのもつい最近のことです。
どんぐり倶楽部のメゾットでは、パターン学習をはじめとした早期教育、果てはそろばんも良くないという批判も目に留まりますし、どう始めるのかもわかりにくいです。
情報の入り組んだ公式HPを読むか、絶版になっている書籍を図書館でみつけるか…
とにかく理解しにくいのですが、私は納得できる部分が多く、公式HPと小出陽子さんと糸山先生の書籍を読み
そして、おそらく本来のメゾットとは違う部分もあるかもしれませんが、こうやって取り組んでいこう、という方針がみえました。

私の考える利点
・どんな子にも害にならない
・お金がかからない

どんぐり倶楽部の利点は、どんな子にも害にならないことだと思います。
どんぐり倶楽部では非推奨で害があると言われる、右脳系の習い事でも、パターン学習の習い事でも、自宅学習でも、子どもに合わせて親が寄り添え、そして習い事をするお金が十分にあるのであれば、私は問題だとは思いません。

ただし、お勉強をさせたい親はお勉強ができるようにさせたいわけなので、効果が思うように出なければ子どもに負担を強いるだろうと思います。
そして、お金がかかります。運動も、言葉も、算数も、理科も、音楽も…際限なくお金がかかります。

どんぐり倶楽部育児は、それに比べて負担の少ない育児だと思います。そして柔軟な育児だと思います。
糸山先生の提唱するどんぐり倶楽部育児とは違うかもしれませんが、我が家の実践、変化をお伝えしていきたいと思います。

コメント