Bed time storyの実践

我が家の寝る前の創作語り聞かせのご紹介

どんぐり倶楽部でもおすすめされているのは、絵本の自力読みでなく読み聞かせ。

文字を読むことに使う力を物語に全て費やせるので、より想像力を使った楽しみ方ができるということで、自力読みできるようになっても、子どもが望む限り読み聞かせすることをおすすめされています。

読み聞かせをおすすめされていますが、著書、絶対学力のなかで語り聞かせもおすすめされています。糸山先生自身も行なっていたそうです。

面白いどんぐり倶楽部の良質な文章問題を数百問創作したのですから、きっととても面白い創作だったに違いありません!

ということで、私もやっています。

そういえば、私が高学年の頃、桃太郎のパロディとか、古典もののパロディの語り聞かせをやっていました。

夏休み、従姉妹が実家に集まると、和室に布団を敷き詰めてみんなで眠るんです。すごく楽しかった!その時に、年長者のほうだった、そして内孫たる私は威張っていたので、みんなに古典パロディを語り聞かせてあげていたわけです。

うまいかどうかは別ですが、わりとそういうものが昔から好きだったんですよね。

例えば、ほら、将来の夢 小説家 と、書くくらいには創作や空想が好きでした。

寝る前の創作語り聞かせ、参考までにいくつか名作、迷作のご紹介を連載していきたいと思います。(続かない可能性もあり←例:ホストファミリー体験記の記事が続いてない)

前置きが長くなったので、短いものからいきましょう。

年少児3歳息子の要望に応えて。

創作にあたり、キーワードはふたつ、だしてもらっています。

「えーっとねーあんぱんまん」

もう、このワードでストーリーも世界観もほぼ確定なんですがw

「あんぱんまんとばいきんまん!」

ふたつめのワードも、まったく想像の域を出ません。

キーワードふたつね、という決まりもあまりわかってくれていないので(´・ω・)

「カレーパンマンしょくぱんまん、シチューおばさん」

あんぱんまんワールドヒーローズ大集合!みたいなご褒美回に加えて、誰?っていうようなマイナーキャラまで出てきます。

はい、もちろん、この場合

うさこちゃんのオヤツをぶんどったばいきんまんを倒しに、あんぱんまん登場!

やめるんだ!ばいきんまん!

話してる途中で、「どきんちゃん」と要望も入ります。

きたなーおじゃまむし!これでもくらえー!

どきんちゃんもいまーす!

というおきまりの展開:(;゙゚’ω゚’):

(子どもはお決まりが楽しい!だから仕方ないのか?)

ちなみに、あんぱんまんのアニメは見せた覚えはないんですけどねぇ

絵本は読んでいますが…

やなせ氏は、自身の戦争体験から絵本を描かれているのであんぱんまんはいい作品だと思っております。アニメも悪くないのかもしれません。DWEやってたので見せてなかっただけなんですよね。でも、アニメはともかく、もっとあんぱんまんの絵本は読んであげたらよかったかな。勧善懲悪のシンプルなストーリーで、きっと善悪を理解する時期の子どもにぴったりどストライクするのがあんぱんまん。だから、3歳前後にだれもがあんぱんまんを通るのだと思います。(シュタイナーの発達で善悪を理解する時期〜に当てはまるかな?←手元に資料がないのでわかりませんが)

話は逸れるけど、だから、DWEの映像…

EXという映像教材で、ディズニーコメディが入るんですよね。

トムとジェリーみたいな、ブラックユーモアのアニメ。あれが、あまり好きではなくて…

子どもに見せるにも、あのユーモアは理解…しないと思うし…うーん…

DWE本編のストーリー、プレイアロング教材、ジッピーアンドミーとかはストーリーは良いと思いますけどね。

(別記事にした方が集客が見込めるかな?)

DWEユーザーは、あんぱんまんとの戦いがあるんですが(DWEをやるために、あんぱんまんは見せない、見せない、知らせない!とw)

子どもの善悪の理解には、古典もですがあんぱんまんも良いと思います。

DWEではそこは網羅できません。

まぁ、DWEユーザーは絵本で種まき♡も好きなので、善悪の理解を得られるような良質な絵本も手にとっているでしょう。私より格段にマメな人たちなのでたくさん読んでいるでしょう。

話は戻りまして、

そう、おきまりの展開で長男へのストーリーテリングは終了します。

2話目、3話目も永遠にキーワードは、あんぱんまん!です。

(長女がお怒りになります。でも、3歳弟が譲るはずもありません。弟を寝かしつけてやっと、姉の番になります。頑張れ姉ちゃん!)

コメント