学力をつける生活 〜ゴールデンウィークの過ごし方〜

どんぐり倶楽部をしています。

どんぐり倶楽部とは? 私のブログにもよく書いているのですが、糸山泰造先生の提唱する育児メゾットです。

人間的に成熟し、学力もつけることのできる育児メゾット。お金もかからず、親子ともに負担の少ない育児の考え方と、少しのどんぐり倶楽部の問題を解いて考える力を育んでいくものです。

さて、どんぐり倶楽部では 丁寧に生活しましょう。 とあります。季節を気温を時間を感じて過ごしていきます。

公園にはよく行っていますが、ゴールデンウィークは少し足を伸ばして、近くの緑地で行われた野外活動イベントにも参加してみました。

公園では、友達グループ以外の子とはなかなか遊べず、お友達に会えたらラッキー!でも、それ以外だと、私が鬼ごっこの相手をしたり、ままごと(最近は、家族ごっこというらしいです)の相手をしたり…といまいち盛り上がりに欠ける公園遊びになってしまうのですが…

野外活動イベントでは、初対面の子同士で何かを探したり、木登りしたりと、同年代の子同士で遊ぶことができました。

有料のイベントなので、ちょっとお財布には辛いのですが、野外活動できる場所の発見や、遊び方の発見にもなるので、こんなものに参加するのも悪くないと思いました。

田舎育ちの私の方が、草花の遊び方など、企画されている先生より知っていることがたくさんあったのですが…(笑)

私は、中高生あたりから、田舎をダサイと捨ててきたので(今再び回帰)、いざ子どもと遊びに行っても、

土も水も虫も草花も、遠目に眺めてそれ以上の興味が…無

イベントに参加すると、腰が上がる、というところで(なんてこった!)、私のやる気スイッチをいれていくには、こんなものもいいと思いました。

また、詳しく書きたいのですが、

あとは、実家の畑で野菜の収穫や、雑草取り、野草収穫、たけのこ掘りをしました。

土に触れると、季節を感じますね。なかなか住宅事情で難しいことはありますが、家庭菜園は季節を感じ、食にも繋がる、知育に重要な要素がたくさん含まれていると思います。

科目でいうと、理科、社会、生活、家庭科でしょうか。机上での勉強よりも、体感できる、生きる力になると思います。

コメント