気になる助産所のうわさ。 痛くないお産?

通える範囲にひとつ、昔ながらのお産スタイルで産む、産院がある。

綱を天井から垂らして、それにつかまってしゃがんで うーん! といきんで産むところ。薪割りの姿勢と動きがお産に良い、と薪割りをしたり、散歩をしたりすると聞く。

Twitterでも、なにやらのどこがしの助産師が、快感になるお産!とかをすすめているのをみかけたり…

いや、陣痛は個人差あるでしょ?安全第一でしょ?

と眉唾のように思っていたのですが…

わりとナチュラル寄りの助産院で産んだよ、という方と話たときに…

「ああいうとこで産む人はさ、本当に痛がらないんだよね。”あっ”くらいで産むんだよ。本当に静かなんだよ。」

と聞き…

え、えー(‘Д’)?????????

本当なのかなあ。

私のお産は、

一人目:破水から3時間少々 2時間くらいは陣痛の波に合わせて「痛い!」と叫んだ。強い陣痛が2時間くらいはあった。

二人目:規則的な陣痛から4時間。3時間くらいは陣痛の波に合わせて…(インフルエンザ高熱の中の出産)

三人目:不規則な陣痛(ごく軽い生理痛程度)から4時間。途中、痛みは遠のく。からの、破水、数回のやや痛む陣痛で子宮口全開となりいきみに移行。

 

お産の時間そのものは一人目が短かったのですが、三人目は実質30分程度(痛いかも~から娩出まで)で済んでいる。「あっ」だけとはいかないまでも、「あー痛いかもぉおおお。うーん。あ、押されてる感じがしますぅうううう。(いきみのがせといわれて)はーーーーうーーーー」程度(←でも、うるさい?)で、これくらいならまた産めないこともない程度の試練であります。

 

私の祖母は、9人無事に産んで育て上げた人。
私は2人出産後、(もう無理だな。ばあちゃん、9回もお産、なんの拷問か)と思ったのですが、実質30分程度のお産で うーんうーん くらいなら、×9 なんとかなるかもしれません。

お産は、耐えられる!!本当に痛くない場合もある!!!

あなたのお産は、そんなに痛くないかも(;^_^A???
とっても神秘的なお産。もし、お産を間近に控えているとしたら…
痛くない場合を想定して、楽しんでほしい!

いた、かったら…それはその時、もう頑張るしかない(´Д⊂ヽ

でも、痛くない場合もあるので、臨月からもうずっと憂鬱な気持ちになってしまうのはもったいない!(私の3人目のお産前の心境。やだーいたいのやだーやだーやだーと言い続けていた。)

 

痛くない経腟分娩もある。
初産でも痛くない、らしい自然派助産院…とか、そういう産院…私はまだ眉唾だと思ってしまいますが、気になる噂でした。

昔ながらのお産のすべてが良いわけではないですよね。多胎、逆子、児頭骨盤不均衡、前置胎盤、妊娠合併症など、ハイリスクであれば迷わず高度産科医療を選択すべきだと思います。

でも、経過がいいのであれば、選択肢としてはそういうお産もあるのだなと思います。

コメント