小学生向けの読み聞かせ絵本

どんぐり倶楽部でも、今までに参加した育児講座でも聞くことなのですが

絵本を読み聞かせられる間は絵本を読んであげる方がよい。自力読みできるからといって、自分で読ませる必要はない。

ということ。

読むことに力を割かず、親の声を聞いて物語を想像する時間。

子どもと親が共有する時間が持つ効果は計り知れないものだと思います。

忙しい時に、読んでー読んでーと言われるとイライラするのですが、それでも親子のこの時間は尊いものだと思います。

あえてつまらないことを言うとしたら、
・子どもの表情に気が付く 楽しめてなかったら何かあったのかな、と思うかもしれません。
・いつもの絵本でいつもと違うところに反応したら、友達となにかあったのか、先生となにかあったのか、成長したのか、などに気づくでしょう
・どれくらいの知識があるのか気づくことができる 知らない言葉がでてきたら教えてあげられる
そんなところでしょうか。

長女ですが、絵本が大好きです。
赤ちゃんの頃から読み聞かせていたか、というと、していないわけではなかったけど、程度です。
反応があまりない時期の絵本、親が飽きますから(笑)。

きちんと絵本を読み聞かせ始めたのは、1歳になり保育園に通い始めた以降です。
そのころから、保育園で読み聞かせをしてもらっているためか、年齢的なものなのか、絵本をせがむようになりました。
2回以上読む絵本は、絵本の内容を意外としっかり覚えていて驚いた記憶があります。

赤ちゃんの頃から読み聞かせないと!と苦行をする必要はなく、子どもが興味を持ち、親も一緒に楽しめるようになってから読み始めても充分間に合うと思います。
苦行に励んでいる方がいたら、そうお伝えしておきます。

絵本は本屋で立ち読みしてから申し訳なくて時々買ったり、BOOK OFFをまわって買ったりしています。

先の年齢の絵本もついつい買ってしまうことがあり、全然読まないから失敗したな、と思った絵本がいくつかあったのですが、年齢が追い付いてきたのか、活躍するようになりました。

児童書だとエルマーの冒険シリーズが有名ですが、我が家で娘が繰り返し読んでいる絵本を紹介します。

こみね幼年どうわ シリーズ : 私が子どもの頃に親せきから譲り受けた絵本。
1冊しかないのですが(こみね幼年どうわ 18 せかいいちおおきなケーキ 作:古田 足日(ふるたたるひ))この絵本は私も大好きで何度も読みました。そして、娘も何度も読んでいます。

せかいいちおおきなケーキ ロボット・ロボのうんどうかい まぬけないぬ・クロ の足日氏の3作が収録されています。
amazonで探したのですが、現在取り扱いがないようです。

こみね幼年どうわシリーズは(現在、新書でこの取り扱いはないかもしれませんが…)1冊しか持っていませんが、質は良いのではないかと思っています。

365日シリーズ :毎日1話読むもの。これもAmazonで探したのですが同じものが見つからず…

古典の有名どころから、有名童話作家がかいた短編集

七夕、お正月、八十八夜、彼岸といった日にはそれにちなんだ話が掲載されています。

長女、4歳の時にブックオフで買いましたが、やっと活躍してきました。(何度もフリマで売ってしまおうと思っていた)

どんな話だったー?と聞くと、あまりわかってなかったり…

話に出てきた、炭焼き、知ってたの?と聞くと、知らないよ!とケロっと答えてきたりします。

うーん、よくわからないけれど楽しめているのならいいのかしら(⌒-⌒; )?

英語絵本を混ぜていたので、日本語絵本は若干、年齢以下のあたりで読んでいる気もします。

小学生向け図書は文章が多くて読み聞かせが大変そうな気がして、私も短いものを選んでしまいがち…(^◇^;)

図書館にいけていないのですが、面白い絵本をみつけたら記事にしたいです。

コメント