卒園式に参加しました

産後間もないため、参加をするか悩んでいた卒園式ですが参加してきました。

(3月生まれは、三学年差は、式や準備と被るので大変です(^◇^;)お気をつけください…といっても授かりもの、被る時はしかたありませんが…)

生まれたばかりの次女を思い浮かべながら、あの子が6年後こうなるのか、とか、卒園児たちが6年前はこんなだったのか、と思うと非常に感慨深いものがありました。

優等生気質で美人の長女と比べ、他の園児は可愛いとはいえイモだと思ったりしないこともない(炎上狙い?)、他者と比べて見下す小さい人間の私ですが

やはり、どの子も尊く、愛されて育ってきた子たちだと思いました。

厳しところではないけど私立幼稚園なので、そこそこきちんとした親と子が揃っているからか、どの子も愛され育ってきていると思えたので安心しましたが(それなのに、何かにつけて比べ、下に見たりしてしまう自分を反省しました)

虐待で連日ニュースになっていた、卒園せずに、小学校に行けずに死んでいった子…

事故や事件で幼く犠牲になった子…

そんな子たちのことも思うと、本当に辛い気持ちになりました。

ということで、卒園式、身体はまだしんどかったけれど、頑張って参加して良かったです。

仕事を調整して、遠方から手助けにきてくれた実母にも感謝。

どの子も愛されるべき尊い子どもたち、そして、子どもを大切に育てている親たち。

普段、比べたり、勝手に評価している浅はかな自分に気づき反省。

子どもたちの健やかな成長と幸せを心から願います。

コメント