ワーママの小1の壁の乗り越え方!家庭学習編 本質はどこ?

Twitterで、気になるツイートを見つけました。これから書く記事は、それを批判も否定もするつもりはないのです。
なんて弁明しても、考えが違いますから、受け止められ方がどうかというと、私が相手を否定的に書いているかもしれなくも
本家どんぐり倶楽部も、先取りやら公文やらDWEやらに対して、まぁひどいことが書いてあ…むにゃむにゃ

どんぐり倶楽部ユーザーが嫌われちゃうワΣ(・□・;)

うーん、まずは言葉を受け止めてからか…選択肢の一つとして、私はこう考えるよ、というのがいいのかな。
と、心にしまうべき行程を白昼のもとにさらしつつ始めましょう。

そろそろ、次年度の小学一年生への、就学前健診が始まる時期ですね。ソワソワザワザワする季節。

ということで、Twitterで流れてきたのがこちら。

#小1の壁
今のうちに、ひらがな、カタカナ、数字、足し算、引き算くらいまで予習しておくと帰宅後楽になる。自力でできるから。この対策がききました。というようなもの。

実際問題、助かっている対策なんです。同意コメントもたくさんついていました。

私はワーママじゃない。来年度からは一応ワーママになりますが、たぶんフルタイムではやりません。そんな私に、批判的なことなぞ言う資格はない!何もいうな!という感じですよね。

私は、両親遠方、私が体力がない、子ども3人別の保育施設、夫は裁量労働制に加え遠方勤務になる可能性と、いろいろ書いたけど、私の体力の問題が1番問題です。季節の変わり目は、子どもと一緒に私も寝込むし( ̄∇ ̄)おまえが生活習慣見直して頑張れよっ!

そんな、ヘッポコな私に、頑張っている働いている親ごさん、日々育児家事をこなしている親御さんは、何を批判してるんだわかったようなことを言うな!と、お思いでしょう。

諸条件があるので、どんな働き方でま、働いてなくても、それぞれ大変な、小1の壁とか、小学生入学に際して育児の大変さを抱えているわけですね。

それで、頑張って情報収集、共有しているのに、なにをわかった風な!な私はとっても目の上のタンコブ。空気読まない。めんどくさいどんぐりユーザー。

なので、それは承知の上で、でもちょっと考えてみました。

①宿題は自力でできないと、両親共働いてる親御さんは大変

②学校で習うことはすでにできる状態にしておくと楽

 

①をさらに分解してみます。

・宿題に時間がかかるのでたいへん

・宿題は当然やる(こなす)ものである

宿題は、やらないといけないのでしょうか?わかりきった単純計算を毎日何問もやってみたり、同じ文字を書き続けたり漢字ドリルの宿題 けいさんカード ちょっと疑問な宿題があります。カンブリア宮殿 麹町中学。宿題もテストもない公立の学校。 にも書きましたが、宿題が目的となっている現状はおかしいです

宿題はなんのためにやるのでしょうか?
宿題をやるために予習をしておく?(´Д⊂ヽ本末転倒感

宿題は、学びたいこと、苦手なところ、それを自分のためにやるものではないですか?

宿題のために準備しておく、という本末転倒なことをするくらいなら、宿題は親が代行して10分でかたをつけたほうが、楽です( ̄∇ ̄)

言われたことだけをちゃんとやります。と何も考えず、宿題をこなす子にはしたくありません。
我が家では、やる宿題は選んでいます。働き始めたら、無選別で代行するかも。

 

②をさらに分解してみます。

・先取りしておかないとたいへん

・できる って?

先取りしておかないといけない、これも、本末転倒になっているんですよ。
学校の授業や宿題で大変にならないために先取りしてできる状態にしておきます!

目的:学校で、習うことはすでにできてる状態を保つ

えーっと?学校になにをしに行くんだっけ…:(;゙゚’ω゚’):
あ、そうそう、給食食べに行くんだ♪家だと好き嫌いするけど、学校ではそれなりに頑張って野菜食べてくるからね!
あと、休み時間遊んだり、図書室で本を読めるのもいいよね(*^ω^*)

(なにしに行くの???)

早期学習、先取り学習が不要な理由 先取り学習についてはこちらに書いた気がします。

できる、って何?
理解するって何?
考えるって何?
できる子にしたい?

それとも、考える子にしたい?

公式覚えて100点とれる子にしたい?

それとも、難しい問題に自分で考えて取り組み、間違えたとしても式や図に挑戦した痕跡がきちんと残せる子にしたい?

問題を間違えない子にしたい?

それとも、間違えた問題をもう一度取り組める子にしたい?

本末転倒、手段と目的の履き違え、感が…

でもね、ごめんなさい。ワーママ大変だと思う。帰宅後、宿題なんてやってられっか!みてやれっか!
子どもは集中力ないから(普通だよ!)小一時間かかるらしいわ。
やってられっか!
ですよ。子どもも、学童まで行って疲れてる。特に1学期、疲れてるよ…。

だから、私は働いて大変な親御さんには 宿題代行 をお勧めします。
先取りせずとも、学校できちんと授業をきいてこればいいじゃないですか

伸ばすべきは、先取の知識ではなく、子ども自身の好奇心とそこから伸びていく学び。

ただ、子どもの特性はあります。イメージする力の苦手な子、ゆっくりな子。
授業でやったプリントやテストの間違えや、わからないところは、わからん帳を作っていきましょう。わからないところを貯めていくんです。

長期休みは、授業は進みません。
長期休み中もお仕事で忙しい毎日でしょう。でも、授業は進まないので、その間にわからない問題を集めた、わからん帳を潰していきましょう。苦手をあつめた、オリジナルの問題集です。

夏休みの宿題は、親が代行すればいいですw2日で終わりました。(今夏、わたしは小1の宿題やりましたが)

と、提案してみましたが、

この船に乗ってくれる人この指とまれー!
うん、たぬき以外、いないよね( ̄∇ ̄)
(たぬきが乗ったのは、何船でしょーか?)

まぁ、わたしの泥船はさておき、働く親御さんに、どんぐり倶楽部をオススメしたい。学童で思いっきり遊んで帰ってきて、そしてよく寝る。考える力と準備学習としてどんぐり問題に週末一問だけ取り組む。

ただ、それだけ。

コメント