全国統一小学生テスト 2019/11 小1

二回目の全国統一小学生テストを受けてきました(^_-)-☆

最寄りの会場は、四谷大塚の教材も一部取り入れているが四谷大塚ではない個人塾です。この塾は一部イエナプランを取り入れていて、前回の父母会に参加した時(父母会に参加したよ)からなかなか好印象です。
我が家は、家庭学習に「どんぐり倶楽部」を取り入れており、私の価値観も脱学歴社会!生きる力を獲得する!なので、中学受験するつもりも、通塾するつもりもまったくありません。
ただ、何か学校的なものを受験したくて、対策するとしたら、こちらの塾にお世話になりたいですね。

さて、今回も父母会に参加させていただきました。
スライドは前回と似た内容ですが、プラスアルファ大学共通テストの英語試験の話なんかも出てきましたね。
前回から、図書館で教育の変遷から展望までの書籍をいくつか読んでいたので(イエナプラン、フィンランドの教育、AIや早期教育、公文etc)私の中で今回特別大きく引っかかったワードはありませんでした。これからの教育…さもありなん。という心境です(・ω・)ノサモアリナン

今回の収穫といえばですね…

リアルお受験ヤバイママとの遭遇 でした。
おなかの底から、叫びたかった。こいつと同じ空間にいるが、私はこの方とは考えは違いますから!と。

もう、こらえるのに大変でした…
面と向かって罵倒したいところでしたが世間体を考えてやめました。(私がやばめという結論(/・ω・)/)

父母会に参加していたのは4人。いずれも小1子を持つ母でした。
ちなみに、当方、小・中お受験はさほど盛んではない地域に住んでおりますので、東京・大阪のような状況ではありません。

さて、初対面ではありましたが、父母会終了してから試験終了まで待機している間に話をしたり聞き耳をたてたりしていろいろ情報を得ることができました。
父母会の最中の質疑応答からぶっとんだ質問をしていた母がいたのですが、その後の情報を総合して考えるとすごく納得☆彡

では、人物紹介をします。

Aさん:小1男児含め3人の子どもを持つママ。自身は中学受験をして私立中・高・大卒。「私立以外の選択肢を知らない。学歴だけは最低限つけさせてあげたい。」とのこと。質疑応答でぶっ飛んでたひと。私立中学〜はカトリック系のお嬢様学校。中学の修学旅行のバッグはヴィトン、高校からはエルメスが通学カバンとのことでした(クラスメイトはみなそんな感じと)。おめでとうございます(・ω・)ノ

Bさん:当方娘と幼稚園が一緒だった(私がどんぐり以前決めて入園したので、お勉強幼稚園です)。そこそこの顔なじみ(会ってビックリ)。小学校は学区が違い当方とは疎遠となっていた。小1娘(習い事に、公文:国数2教科、英語学童利用)含む2児のママ。夫は医者。自身も医療系(現在専業主婦)。私立中・高と進学し、大学は外部へ。夫も中学受験組。「私も夫も、私立以外の選択肢を知らないから…」とA氏と話している。彼女も修学旅行はヴィトンで高校からはエルメスを色違いで新作をそろえていたのでしょうか?そこまでは聞きたいけど聞けませんでした。

Cさん:ワーママ。うちの子と同じ小学校だった。しかし、私は地元ではなく、マンモス校でもあり、クラスメイトの親のことさえほとんど知らないのでもちろん面識はナシ。Cさんは中学受験するつもりはないが無料のテストということでなんとなく受けてみたらしい。ゲーム好きな一人っ子男児のママ。先の見えない社会への不安がある様子。

わたし★:どんぐり倶楽部ママ。中学受験はさせません。通塾はさせません。お金をかけたくありません。お金がない!でも、賢くなってくれたら(ペーパーテスト的に)鼻高いよね、という心の声は置いておいて、子どもが自立して楽しく生きられるように願っています。
現状の教育システムでは、未来を見据えた教育になっていない。先の見えない社会に対応できる子になるかは、子どもの資質と運次第。それでは困るので、どんぐり倶楽部を柱にした家庭学習の実践と、オルタナティブスクールなど公教育以外の場の知識を知るなどを模索しています。

さて、この個人塾ですが先生は、イエナプランを取り入れており、儲けてなんぼ!進学実績ほしい!というわけではなさそうです。

父母会スライドショーを開いているパソコンのわきに、おおたとしまさ氏の書籍もおいてありました。最近、おおたとしまさ氏の書籍をいくつか読んでいました。

早期教育やお受験、子どもの個性を無視して管理する親への批判的な内容、が根底に流れていると思うんですけどね。

Aさんのような人を暗にたしなめるメタファーであると思ったのですが。

さて、先生がこれからの社会に求められる人物像、それを踏まえて変わる教育について話を終えてからです。最後に「お母さん、まぁ、あまり管理しすぎてはいけませんよ。管理しすぎないほうがいいですね。」と意味深な言葉を残してからの、質疑応答の時間。

Aさん「入塾テストがありますよね?いつから席が埋まりますか?いつから通えて、いつから通うのがオススメですか?」

先生「体験入塾をしてもらい、合う合わないで決めてもらっています。合う合わないは塾でも学校でもありますからね。小2の3学期から通えます。中学受験の場合6年生からは受け入れていません。人数の兼ね合いで早い方が入塾はしやすいですが、合うかどうかですね。」

Aさん「この塾はお尻を叩いてくれるんですか?あと、どこの中学が面倒見がいいですか?」

先生「(苦笑い)お尻をたたくって…。」

ね、ねえ、気づいてないのかな?もう、先生苦笑いしてるやんΣ(・□・;)
さっき、塾長先生、管理しすぎるのよくないって言ってたやん!これからの社会に通用する子に子が育つように整えるつもりはないの?
仮に心配だとしても、今の時点では恥ずかしくてそんな質問できないよ。
自立する子に育てる方法をまず質問してみようよ。
お尻をたたく、お尻をたたく、連呼してましたけど、Aさん…

Aさん「子どもによっては、お尻をたたかないといけない子もいると思うんです。見捨てずにお尻をたたいてくるかどうか。公立の○高校とかは我が強くないとやっていけないじゃないですか。私立中学の○はできる子は伸びるけど、やらない子は見捨てられるとか聞きますよね。」

私、周りが中学受験組が多くて、いろいろ情報あるんです★アピール
かもしれないけれど、中学受験組情報網って、すげーくだらない情報が飛び交ってるんだな。お尻をたたいておんぶに抱っこして受験攻略(学力向上ではない)してくれる塾情報とか、放流せずおんぶに抱っこしてくれる私立中学校の情報を交換してるんだ

先生「うちは、自立して勉強をすすめていきますよ。本人の意向と合っているならお尻をたたくこともあるかもしれませんが、無理矢理やらせるようなことはしませんよ。」

Aさん「待つ、ということですか。でも、子どもによってはお尻をたたいてというのも必要ですよね。」

先生「中学は、○が卒業時かなり伸びていますね。○は最難関ですが伸びが悪いですね。子どもとの相性もあります。」

Aさんは、ずっと お尻をたたいてくれるのがー、面倒みがいいのがー、塾はいつくらいに入るのがーという話をしていました。中学受験プロママって、浅い…とても先を見ているとは思えない。

 

Cさん「学力だけではなく心も、と言っていましたが子どものメンタルを強くするのはどうしたらいいですか?」

中学受験組ではないCさんは、メンタルの鍛え方聞いていました。

先生「好きなもの、得意なものをみつけて伸ばすといいでしょう。」

 

質疑応答が終わった後の談笑中

途中から、AさんBさんで会話が盛り上がる!
私はと言えば、どんぐり倶楽部をすすめw(エブリデイ勧誘←怪しい)宿題はやらせてない!反復学習なんて(とはBさんがいるからそこまでは言えなかったけど…公文してるから…)、うちの子は宿題はたまにやってみる?って聞いてもすごく拒否するのよ~←むしろ自慢げに と言ったら、「えー〇ちゃんが?大変だねえ:みたいな反応をBさんにされ…
え、いやー、そういう意味じゃないけど…私的には反復学習をもくもくとやることに抵抗がない子たちが心配だけど…もごもご
なので、Aさん、Bさんで、「公文やってる。私も子どもの頃やってたからー〇年から塾に行ってねーでさー」と盛り上がり、私はCさんと、メンタルが強くなる子の育て方、子どもの強みや興味を伸ばすことの大切さを語りました(私が主に語りました。ウザいママ★聞いてくれる優しいCさん。)

ちょくちょく耳に入ってきたA.Bさんの会話
Aさん「中学受験は気をつけないと、そこをピークになっちゃう子がいるのよね。そこでやりきっちゃうの。そこを気をつけないと。」

あー、わかりますよ。あなたのその熱の入りよう。子どもを巻き込んで、中学受験をピークにしそうな勢いですよね。
わかります。わかります。
で、それを気を付けるために中学受験プロママは何をするんでしょうか?
子育ての前提と目的と目標と、これからの社会の変化の見極めが極めて浅そうなので(中学受験ママと管理しまくりの溺愛あまあまの浅い情報交換をしてるんでしょ…プログラミングに通わせて英会話させて理科実験教室も、とか子どもの興味は無視して(子どもも自分の好きなものさえわからないままでしょう)業者の説明鵜呑みして習い事で対策するんでしょ?w)このセリフが出るんでしょ(/・ω・)/

その危惧、子どもが好きなものをみつけられず、管理してるからでしょwwww

もっと、まともな本でも読んで情報収集しろよw

とりあえず、塾長がすすめてた

読んでみなよ!私も読んでないけど、おおたとしまさ氏の他の書籍はよんでいる。
きっと、プロ受験ママがプロ受験ママどうしで情報交換したりプロ受験ママブログから得る知識よりも、子どものためになり、今後10年20年先を生きていく子育てについて、正しい知識がつけられる本であると思われます…合掌(=人=).o0

 

そういえば、塾長、「おしりたたく」連呼Aさんに何か察してほしかったのか、最後退室する前に私ご指名で、「イエナプランご存知のようですがどこで知りましたか?」と質問してきました。積極的質問をしていたAさんをさておき、受験もしなさそうな私をです。
きっと、意図があったと思いますよ。
イエナプランは長野の大日向小学校、広島の風越学園、東京では麹町小学校や千代田区立小学校、名古屋でも効率でイエナプランの公立小学校が数年以内に、と話題にでます。教育に関心をもっていたら自然と入ってくるワードではありませんか?
Aさんのアンテナどこを向いているんでしょうか?謎です

コメント